事業の【ご案内】と【報告】

3月20日(月・祝)に鴻巣北本ドッジボール大会を開催しました!

今回は、小学6年生を対象とし学校対抗で実施しました。

 

当日は、13校で約130名の参加者、そして、保護者の方を含めると

約200名の皆様が、集まり盛大に開催しました。

 

スライド1.JPG     スライド2.JPG     スライド7.JPG     スライド8.JPG 

スライド3.JPG     スライド5.JPG     スライド4.JPG

 

2017年度初めての対外事業が大盛況に終わりました。

次回の対外事業は、5月を予定しております。

感動あふれるまち創造委員会の皆様お疲れ様でした!

そして、感動をありがとうございます!



来る、3月20日(月・春分の日)に鴻巣市、北本市で小学校を卒業を間近に控えた小学6年生を対象に「学校対抗ドッジボール大会in鴻巣・北本」を開催いたします。

チラシv3(担当者電話等挿入).jpg      チラシ裏面カラー.jpg  参加申込書.pdf

開催に伴い、参加チームを募集しております。詳細は下記の通りです。

なお、安全性の観点から、通常のボールより柔らかいボールを使用します。

 

【チーム条件】

 ①8名以上の小学6年生によるチームを作ってください。

  但し、同じ学校であれば、クラスを問いません。

      8名以上のチームでは、試合ごとに選手交代と男女混合チームは可です。

     ★小学6年生がで8名集まらない場合に限り、チームの4名以上が6年生であることを条件に

      4年生5年生の参加できます。 

     ★学校の児童数が少ないため、1校だけでは8名集まらない場合で、鴻巣市、北本市内の

      他の小学校の児童(4年生~6年生に限る)を参加者を入れたい場合は、 主催者側で

      協議しますので、メールまたは、電話にてご相談ください。

  

  ②1校で2チーム以上の参加も可能です。

   但し、募集チームの30チームを達した場合は、抽選となります。

   

  ③1チームあたり、保護者1名以上を必ず同伴お願いします。

   また、保護者の方には、試合での線審(ライン審判)にご協力をお願いします。

 

【開催日】 2017年3月20日(月・春分の日)

 

【時  間】  10:00~17:00  受付開始時間:9:30

 

【場  所】 鴻巣市総合体育館

 

【お申し込み方法】

①FAX : 048-542-4079

②郵送 : 〒365-0038 鴻巣市本町6-4-20 一般社団法人鴻巣北本青年会議所 宛

③メール: info@konosukitamotojc.com

 

【参加申し込み締切日】 3月6日必着

 

【お問い合わせ先】

一般社団法人 鴻巣北本青年会議所 感動あふれるまち創造委員会 委員長 根岸

TEL: 048-542-4168 (月・水・金 11:00~15:00)

メール:info@konosukitamotojc.com

 



2月度例会を公益社団法人日本青年会議所並びに埼玉ブロック協議会の運動の方向性を伝える場として「所信伝達式」に行きます。

この所信伝達式をただ受け身ではなく、第47回埼玉ブロック大会鴻巣北本大会の開催理念や日時、場所などの周知をおこないます。

 

日時:2017年2月15日(水) PM7:00~PM9:00

場所:ウエスタ川越  (埼玉県川越市新宿町1-17-17)

 

当日は、埼玉ブロック協議会 笛木会長より、公益社団法人日本青年会議所並びに埼玉ブロック協議会の運動の方向性が伝達されます。また、理事長の登壇があり、最後には、埼玉ブロック大会鴻巣北本大会のPRをおこないます。



1月24日(火)は、通常総会と1月度例会【新年会】を鴻巣市市民活動センターにおいて開催しました。

17:00からは、通常総会において、2016年度の事業報告、決算についてと2017年度の修正収支予算書の議決事項があり、全ての議決事項に対し、全会一致にて承認を得ました。

また、2016年度の褒章・表彰があり、表彰がありました。

最優秀JCマン賞として、清水英典君、最優秀新人JCマン賞と拡大功労賞として、小川健君。そして、最優秀JCグループ賞として、輝くまち創造委員会が受賞いたしました。

IMG_8501.JPG     IMG_8499.JPG    IMG_8500.JPG

また、2017年度理事長の山口剛君から 直前理事長の久保学君へ感謝状の贈呈がありました。

IMG_8495.JPG

19:00からは、多くのご来賓の方をお招きし、 1月度例会を開催しました。

今年の初めての例会は、「新年会」として、会員拡大委員会が担当しました。

2017年度は、20名の拡大を目標しております。新年会でお越しいただくご来賓の皆様方より拡大情報をいただきました。そして、全メンバーで、会員の拡大についてPRをしました。

また、埼玉ブロック大会鴻巣北本大会のご協力のお願いなどしました。

IMG_4917.jpg     IMG_4923.jpg      IMG_4927.jpg     IMG_4924.jpg     IMG_5034.jpg

IMG_5031.jpg  IMG_5146.jpg     IMG_5186.jpg

ご多忙の中、ご臨席賜り誠にありがとうございました。



一般社団法人鴻巣北本青年会議所は、山口理事長を先頭に2017年度がスタートしました。

 2017年度はじめての例会として「新年会」を下記の通り開催します。

 

日 時 : 1月24日(火) 19:00~21:00

場 所 : 鴻巣市市民活動センター (鴻巣市本町1-2-1

テーマ : 人をつなぎ心をつなぐ

担当委員会 : 会員拡大委員会

 

 



第47回埼玉ブロック大会 鴻巣北本大会 

開催理念

 

「チャレンジ」

~多彩な誇りが活力あふれる埼玉を創る~

 

 一般社団法人鴻巣北本青年会議所の活動エリアは、江戸時代より中山道の宿場町として栄え、鴻巣市の「ひな人形」や「花卉栽培」、北本市の「石戸蒲ザクラ」や「北本トマト」等を地域の誇りとして育んで全国に果敢に発信し、多くの日本一や世界一を獲得してきたチャレンジ精神に満ちあふれた地域です。そんな先人たちの精神は現在も脈々と引き継がれ、歴史や伝統、地域特性を活かしながら新たな魅力や価値を創造し続け、地域の誇りとして育み、市民の郷土愛を醸成しております。

 

 しかし、埼玉県全体に目を向けると、県民の郷土愛の低さが問題視されている現状があります。このような現状を打破するために、第47回埼玉ブロック大会鴻巣北本大会は、この地域に根付いたチャレンジ精神を埼玉県全域に伝播させていく大会とします。チャレンジとは、何事にも既存の枠にとらわれることなく、最後まで諦めずに行動することであり、その精神が埼玉を更に輝かせる原動力となります。埼玉県には、日本全国や世界に誇れる多彩な魅力があふれています。これらを一堂に集め、埼玉の新たな魅力や価値の創造に向けオール埼玉で本気になってチャレンジし、参加者に驚きと感動を与えることで、次なるチャレンジへの気概を高めてまいります。

 

本大会を通じて生まれるチャレンジの輪が、参加者を介して県内各地に広がり、それぞれの地域を更に輝かせていくことで、誇りと郷土愛に満ちた活力あふれる埼玉を創造します。

 



1月10日(火)に公益社団法人日本青年会議所 関東地区 埼玉ブロック協議会 2017年度 第1回 会員会議所会議において第47回埼玉ブロック大会 鴻巣北本大会の日程と場所が審議可決し、詳細の開催日が決定いたしました!

 

【日程】

 2017年7月2日(日) 9:00~17:00

【場所】

 〇クレアこうのす(埼玉県鴻巣市中央29-1)

 〇鴻巣市総合体育館(埼玉県鴻巣市鴻巣864-1)

 〇鴻巣市陸上競技場(埼玉県鴻巣市鴻巣634-2)

 〇せせらぎ公園(埼玉県鴻巣市中央28)

 

私たち鴻巣北本青年会議所は、第47回埼玉ブロック大会鴻巣北本大会を主管をいたします。

昨年より準備を進めており、今までにないくらい盛大なブロック大会の開催を目指していきます。



 新年あけましておめでとうございます。一般社団法人鴻巣北本青年会議所2017年度第42代理事長を務めさせていただきます山口剛と申します。
1975年10月18日、鴻巣市の輝かしい未来を求めて、自己の成長と共に愛する郷土の発展を目的に鴻巣北本青年会議所が設立されてから42年。これも日頃より私たちの運動に対し、ご理解とご協力を賜っております行政、各諸団体、企業そして、地域住民の皆様のおかげであると改めて深く感謝を申し上げます。
私たち青年会議所は、「明るい豊かな社会の実現」のため、その先にある世界平和のために運動を展開しております。そして鴻巣北本青年会議所では、2015年に~このまちの人々が誇りと希望で満ち溢れる社会を目指して~という5年間の運動指針を基に様々な事業をおこなっていきます。そのような中2017年度は、一生感動~挑戦!愛する我がまちのために~というスローガンを掲げさせていただきました。
 皆様は、達成感や感動をして涙をしたことがありますでしょうか?私はJCに入会してから、何度かこの体験をさせていただきました。感動には、人の心を揺さぶり動かし...、成長させる、意識を変える大きな力があります。2017年度、多くの方々と共に一生忘れられないような感動や達成感を分かち合える事業を展開していきたいと思っております。そして私たちは、第47回埼玉ブロック大会鴻巣北本大会を主管させていただきます。この埼玉ブロック大会は、県内各地会員会議所約1400名のメンバーが一堂に会し、埼玉県民を対象とした10,000人規模の事業を展開できるものであります。この埼玉ブロック大会のスケールメリットを存分に活かし、鴻巣市・北本市の魅力を広く発信していきます。様々な場面で皆様にご協力お願いすることになると思いますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  2017年1月1日

                        一般社団法人 鴻巣北本青年会議所
                            第42代 理事長 山口 剛



このまちに生まれ、このまちで育ち、このまちで働き、このまちに育てられた私たちは一体どんな恩返しができるのだろう。こんな疑問符を年当初に、自分自身また、メンバー全員に問いかけました。人は一人では生きていく事ができません。周りを見渡すと誰かが、自分の支えになり、自分も誰かを、支えている事に気づくでしょう。青年経済人として、青年会議所メンバーとして生きていく前に、この世に生をうけた人としてもう一度考え直す事を、心に抱かせて頂きました。その想いから今年度は、互いを認め覚悟する  新成  ~自らが輝き、人を輝かせ、そして共にこのまちを創る~ をスローガンに掲げ、人と人、団体と団体、行政と青年会議所が、互いに認めあえる環境づくりを構築し、我々が青年らしく行動し、まずは自らが率先して活路を見つけ、輝きを放つ。そして、市民の方々、メンバーと共に一年間このまちを創って参りました。メンバー一人ひとりが、明日の我がまちを創造し、このまちと真摯に向き合い率先して行動できるよう構築致しました。

輝くまち創造委員会は、我々青年会議所と協働して輝くまちづくりを行う市民、行政、他団体とのネットワークづくりを形成するために、スポーツという手法を使い事業を展開して参りました。3回の例会の中で、世代間交流、青少年育成、地域産業PR、郷土愛の構築を図り、広く発信することができまた、最終例会でまとめのまちづくりフォーラムを開催し、貴重なご意見を頂戴したことは、次年度以降、共にまちを創る土台が構築できたと確信致します。そして何よりこの対外事業の設営、運営で培った友情はかけがえのないものになり、まさに互いを認めることに繋がりました。そして、結果としてアワードSAITAMA2016まちづくり部門 部門賞を頂けたことは、誇りに思います。この覚悟と責任を忘れることなく、メンバー全員が邁進し続けることを期待致します。

輝けJAYCEE委員会は、年間を通して、情熱×実践をテーマに、メンバー相互の資質の向上を図って参りました。講師をお招きしての講演を通じて、青年会議所の本質を問うことができたのではないでしょうか。メンバーがどう理解するかは多種多様ですが、解りやすくストレートに情熱を発信できたことは、今後の実践力に様々の面で生きてくること確信致しました。また、埼玉ブロックとの連携という面では、第46回ブロック大会 西入間大会での副主管の役割を全メンバーが一丸となり、担えたことで自信へと繋がりました。そして、局長として本多邦光君、次長として、根岸遼君、埼玉の運動醸成委員会に、副委員長として、清水英典玉ブロック内での、新成 鴻巣北本青年会議所の存在価値を高めることができたのではないでしょうか。この先もっと高い壁が、まちうけていますがその壁を乗り越えていける体力は培われたでしょう。

総務事務局委員会は、凡事徹底 おもてなしの心を持って の委員会スローガンのもと、内部環境の整備、充実を図って参りました。総会の設営では、人に対するおもてなしを実践する中で、さらなる気づきを得て今後に活かす徹底ぶりは、まさにLOMの要になって頂きました。7月例会ではOB諸兄姉をお招きし、ブロック大会の経験を解りやすく伝達して頂いたことで、来年のみちしるべになりました。対内広報誌においては年間12回のタイムリーな発行で広く詳しくLOMの現状を、伝えることができ、対外からも称賛の声を頂きました。総務事務局委員会は、縁の下のから支えると申しますが、本年度は、自らが輝きLOM全体を引っ張っていきました。

本年1月の埼玉ブロック協議会内会員会議所会議内において、第47回埼玉ブロック大会鴻巣北本大会の主管青年会議所として承認を頂きました。まさに我々の夢であったブロック大会の主管が来年行われます。昨年度、種をまき、今年度、芽をだし育て、来年度、大輪の花を咲かせるよう、LOM一丸となり努力を惜しまず精進し、このブロック大会をとことん使いたおして、47回の歴史あるブロック大会で、1番の大会にすることをお約束いたします。

事業として行った献血協力では、大勢のメンバー、市民の皆様にご協力頂きまして有難う御座いました。また、クリーンアップ作戦と題しまして行った清掃活動では、大勢のメンバーで、愛する我がまちの環境整備ができました。鴻巣北本青年会議所のPRも同時に行うことができ、今後も必ず継続していくことが、共にまちを創る礎になるでしょう。

このように今年1年間、開催した全ての事業、運動が盛大に開催することができたのも、全メンバーは基より、行政、関係諸団体、そしてOB諸兄姉の皆様の多大なるご支援とご協力があってのことだと感謝申し上げます。愛するまちだからこそ、育てて頂いたまちだからこそ報恩の精神を忘れず、今後も一般社団法人鴻巣北本青年会議所メンバーが一丸となり、このまちを輝かせましょう。歴史ある一般社団法人鴻巣北本青年会議所に41本目の柱を建てられたことに感謝申し上げます。結びに、1年間一般社団法人鴻巣北本青年会議所に対して温かいご支援、ご指導を頂きましたすべての皆様に感謝を申し上げます。



12月2日(金)は、第97回通常総会と12月度例会(卒業式)を開催しました。

 

第97回通常総会では、2017年度の運営方針、事業方針、各委員会、収支予算書の

議題がありました。各議案すべて全会一致で可決審議いたしました。

その後に、2016年度理事長久保学君より2017年度理事長山口剛君へ

プレジデンシャルリースをつなげました。

 

IMG_4163.jpg     IMG_4196.jpg    

 

そして、通常総会終了後には、12月度例会として卒業式を盛大に開催しました。

2016年度は、6名の方がご卒業しました。ご卒業おめでとうございます!

IMG_4311.jpg     IMG_4317.jpg     IMG_4333.jpg      IMG_4348.jpg     IMG_4361.jpg

IMG_4466.jpg     IMG_4559.jpg     IMG_4580.jpg     IMG_4587.jpg     IMG_4381.jpg

<新入会員のご紹介>

第97回通常総会、12月度例会において、新入会員のバッチ、プレート、会員証の授与がありました。

  IMG_4232.jpg      IMG_4520.jpg

   竹田君          川越君

皆様どうぞよろしくお願いします。